最近の若いご夫婦

最近の奥さんは強いのか?ダンナさんが弱いのか?住宅の賃貸契約の決定権は奥さんが握っている場合が多い。

以前は(昭和の時代)、奥さんが見に来て契約したい場合でも「主人に相談して・・・」となりましたが、今は奥さんが決定して契約時にダンナさんが来るのが多いような気がします。逆にダンナさんが決定しても後で取り消しになるケースが多い。

また、離婚も多いです。ファミリータイプに若い共稼ぎのご夫婦が御入居されて、1~2年で別居。ファミリータイプのお部屋は契約解除になり、奥さんは子供を連れて近くの1DKを借りて、ダンナは実家へ帰る!って事もありました。