5またの大家さん

先日、空室で困っている大家さんがお見えになりました。

不景気になって、空室が目立つ物件は色々な不動産屋が入り、5業者で入居者を探す場合もあるようです。
大家さんもその方が、1本の割り箸よりも5本の割り箸にした方が折れない(成約につながる)と思っているのでしょう。

入居者を捜す事をお約束いたしましたが、大手3社、元専任業者、そして当社で一般媒介でがんばる事になりました。
物件は築年数10+数年、2Kです。困ったことに、元専任業者は知り合いの業者さんなので、電話して大家さんが当社に来社した事を確認し、どうしましょう?と相談をしました。

結局、元専任業者に入居者希望者がいたら、連絡する事になり入居者を捜して2週間くらい経過したら、元専任業者より入居者決定の連絡があり、近くの業者が客付けしてくれたって喜んでおりました。
元専任業者は、大家さんも困るのはわかるけど、5または勘弁して欲しいといってました。大家さんの愛のムチだったのか?

結局、元のサヤに収まり、他の業者は関係なくなりまして一件落着!となりました。