梅まつり

青梅梅まつり

東京都西部、多摩地域北西部の青梅市にある吉野梅郷(よしのばいごう)は梅が有名です。
茨城県の水戸偕楽園、静岡県の熱海梅園などと並ぶ梅の名所です。

しかし、今年は特別な梅まつりでした。

「青梅市梅の公園」:中学生以上は入場料(200円)

平成21年に市内の梅の木でウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)が発見され・・・梅・桃に感染するウイルスで果実の奇形・斑紋等の発生があり、人体には影響はないようですが商品価値がなくなってしまうそうです。

平成22年、青梅市梅の公園で感染が確認。農林水産省・青梅市・地元梅生産業者などの話し合いした結果、梅の公園の梅をすべて伐採する事になりました。

伐採後、3年間は感染が無いことを確認しなければいけないそうです。
新たに梅の木を植える事はできないため、梅の公園のあるべき姿が見られるようになるのは3年以上先になりそうです。

青梅市内では2万6千本を伐採し、吉野梅郷では、1万本以上の梅が伐採されたそうで・・・

2014-3-19004

青梅の梅郷に行くと、当たり前のように美味しい梅干しを買ってましたが・・・

必ず復活して、梅祭りに行って、あの梅干しを食べたいと思います。

2014-3-19003 2014-3-19002 2014-3-19001

ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の防除について